意外と大変な不動産の売却について

意外と大変な不動産の売却について

意外と大変な不動産の売却について

親族から土地や建物を相続したという方や今と違う地域に引っ越すことを検討されている方などの中には、所有している不動産の売却を考えている方もいるかもしれません。
一般的なイメージだと不動産の売却は「大きな利益になるのでは?」「業者に頼めばすぐに売れる」と思われがちですが、実は必ずしもこうした考え通りにはいきません。もちろん都会の一等地の土地や建物を所有していたり、施設の建設予定がある地域であったりする場合は非常にスムーズにかつ高額な金額での売却も可能ですが、こうした不動産を所有している方は極めて僅かであり、多くの方は不動産の売却で苦労してしまいます。
例えば、不動産の売却で苦労しやすいポイントの1つが「売りたくても売れない」というケースです。売却ですから当然ながら買い手が見つからなければ売ることができないのですが、田舎の土地や建物というのは需要が少なく、本来の価値で売却の募集を出しても買い手が付かないことが多いのです。教えてもらったサイトはこちら→→家を売る←←

 

また、不動産を売却した後の税金や手続きを仲介した業者への報酬などを含めるとせっかく売却したのに手元にお金がほとんど残らなかったという例も珍しくありません。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ