顧客様を作ることは大事なこと

事業承継と相続税の関係 その9

事業承継と相続税の関係 その9

小規模宅地等の特例という制度を利用すれば、事業用のために使っていた土地の相続税評価額を大幅に減額することができます。お早目に事業承継 税理士へご連絡下さい。
基本的には、故人がその土地の上で行っていた事業を承継し、続けた場合、適用を受けられるというものですが、初めから相続人がその土地の上で事業をしていた場合でも適用を受けられるケースがあります。それは、相続人が故人の生計一親族であり、かつ使用貸借で土地を借りていた場合です。気づかれた場合は事業承継 税金の資料をご覧ください。
故人が持っていた土地を使用貸借契約で借り(平たくに言うと、「無償で」ということです)、その土地の上で事業をしていた相続人が故人の生計一親族であったという場合、生前は故人が事業を行い、それを相続人が事業承継したという形でなくても、小規模宅地等の特例の適用を受けることが可能です。「生計を一にする」というのは、一緒に住み、お金を出し合って生活しているということです。そんな親族が事業をするのであれば、それは故人が事業をしてたのと同じであると考えてくれるのです。そのため、貸す際は使用貸借でなければなりません。賃貸借で貸した場合、対象外になってしまうので注意が必要です。緊急を要する場合は事業承継のHPをご覧ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ